サービス案内セルフオーダー
システム

iPadを利用したシステムだから安価な端末導入・維持費を実現

利益・顧客満足UPに抜群の効果を発揮、

また、人件費・求人費の節約や教育費の削減にも有効です。

目安価格帯

POSレジ有りの場合

初期導入費

150~250万円程度

月額費

15,000~
20,000
円程度

POSレジ無しの場合(既存レジシステム使用)

初期導入費

100~200万円程度

月額費

12,000~
18,000
円程度

いずれも、設定・設置・操作指導など稼働に必要な費用は含まれております。
ただし、コンセントLAN配線工事費は別途必要となります。

当社では中古機材でのご提案も可能です!!
お気軽にお問い合わせください。

セルフオーダーシステムとは

セルフオーダーシステムは、飲食店において、ご来店客がオーダー端末を利用しご自身で注文したい商品をオーダーするシステムです。
回転寿司店での導入が普及したことで、年齢層に関係なく利用する環境が整ってきました。

当社で取り扱うセルフオーダーシステムは、
ノバシステム㈱社のオーダーレボリューションとなります。

ノバシステム㈱オフィシャルサイト

導入のメリット

  • Merit1

    ご来店客のペースで注文できるので、注文回数が増え
    客単価のUPにつながった

  • Merit2

    呼び出しベルの回数が減りスタッフが注文業務以外の
    サービスに注力できるようになった

  • Merit3

    「スタッフを呼んでも反応がない」というご来店客からのクレームが無くなった

  • Merit4

    写真や商品説明、スクリーンセイバーの動画設定で、
    より商品や店舗の魅力を伝えることができた

  • Merit5

    写真の大きさや配置を工夫で、
    売りたい商品のオーダーコントロールが可能になった

  • Merit6

    メニューブックの作成が不要

  • Merit7

    スタッフ数を減らしても、
    サービスの質を落とすことなく店舗運営ができる

  • Merit8

    求人広告時にセルフオーダー設備のお店と記載することで
    求人反応率が上がった

  • Merit9

    新人スタッフが習得しなければならない業務が減るため
    定着率が上がった

  • Merit10

    外国語変換可能で
    インバウンド需要も喚起できた

テイクパートのセルフオーダー販売

  • 接客レベルを低下させないことをこころがけた導入

    接客レベルを
    低下させないことを
    こころがけた導入

  • iPadを利用するので安価な導入費・維持費を実現

    iPadを利用するので
    安価な導入費・維持費を実現

  • 当社独自!!中古商品での導入も可能

    当社独自!!
    中古商品での導入も可能

  • 他社POSレジにも連動可能

    他社POSレジにも連動可能

  • 導入後、より効果的に運用するためのフォローを実施

    導入後、より効果的に
    運用するためのフォローを実施

  • 導入後の稼働率100%

    導入後の稼働率100%

よくある質問

セルフオーダーシステムをご検討中の方からお問い合わせいただくご質問をQ&Aでお答えいたします。
ご不明な点などの解決にお役立てください。

Q(質問)をクリックすると、A(答え)が表示されます。

店舗の活気や接客レベルの低下がおこらないか心配です。

確かにセルフオーダーシステムはスタッフ様の業務が軽減される一方、使い方を間違えると接客意識の低下を招く傾向があります。

ただ、有効に利用すれば

  • ご来店客にオーダー待ちのストレスを与えない。
  • ご来店客が着座してから商品提供までの時間が短縮される。
  • スタッフ様とご来店客がゆっくりコミュニケーションをとる時間が増える。

など顧客満足を上げる効果も期待できます。

当社では、打ち合わせ時にシステム導入による接客レベルの低下を防止するための提案も行います。

例えば、ご来店客がお帰りの際に出口で見送ることを徹底するなど、具体的なサービスを取り入れ接客意識の低下の抑制、さらなる顧客満足のUPにつなげることができます。

ご来店客が使いこなせるか不安。操作説明がかえってスタッフ業務の負担になるのでは?

回転寿司店などでセルフオーダー端末が普及してきたので、ほとんどの年齢層のご来店客が説明無しで操作できる環境が整ってきました。

また、居酒屋様など注文回数の多い業態であればファーストオーダーのみスタッフ様が説明しながら行っている場合もあります。

その際に、おすすめ料理を画像付きで説明するなどしてご来店客とのコミュニケーションを図ったり、客単価UPにつなげたりすることも可能です。

iPad端末の盗難はおこらないのでしょうか?

盗難に関しては店舗オペレーションを工夫することでほぼ防ぐことが可能です。

具体的な方法としてiPadを席札として活用しご来店客がお会計の際はiPadを受け取ることで会計業務を始めるオペレーションにします。

それによって、ご来店客は無銭飲食をしない限り、iPadを盗むことはできません。

iPad端末の破損・故障など耐久性は大丈夫なのでしょうか?

当社では破損を防止するため、iPadに強化ガラスを貼り納品いたします。ガラスコーティング加工業者とも提携していますので、市場価格より安価にガラスコーティングを行えます。

また、他社メーカーのようにメーカー専用端末を利用するのではなく、iPadを利用しているので、故障時の修理費も専用端末に比べて安価に対応可能です。(同等の修理で専用端末ではiPadの4倍程度の費用がかかる場合もあるようです。)

なお、オーダーエントリーシステムのハンディ端末とは違い、セルフオーダー端末においては操作性などの面でも専用端末がiPadよりも優れている点は少なく、タッチパネルの反応や画質においてはiPadの方が優れていると当社は考えています。販売当初心配した耐久性においても、20台設置の居酒屋様が5年間運用した中で発生した故障が1台だけとなっています。

これだけ優れた性能の端末が安価に利用できるのはiPadが世界で最も生産されているデジタル端末の1つだからあり、セルフオーダーシステムにおいてもiPadを利用するのが最もコストパフォーマンスが高いと考えます。

利益UPにどういった効果があるの?

ご来店客のタイミングで気がねなくオーダーができるので、自然とオーダーが増え、客単価が上がります。

また、「おすすめめしたい商品の写真を大きくする」「説明文を加える」など戦略的な商品提案ができ、売上UPや食材ロスの軽減にも効果を発揮します。

さらにはスクリーンセイバーにお店の想いや、持帰り・おすすめ商品の画像・動画を表示することで、お店・商品の魅力をより詳しく伝えることができます。

人件費の削減にはどのくらい効果があるの?

店舗の席数や店舗構造にもよりますが、現実的にサービスの質を下げずにスタッフ数を減らすとすると、営業ピーク時のホールスタッフ数の15%程度までの削減が適切と考えています。

例えばピーク時のホールスタッフが3名で対応している店舗であれば0.45名程度となります。仮に17:00~0:00までの7時間営業とすると、約3時間程度は1人少ない人数で営業をすることが可能です。

どの時間帯に3時間を当てるかを意識してシフトを作成していただきます。

●案A

17:00~18:00と22:00~24:00までの比較的ご来店客の少ない計3時間においてスタッフを1名減らす。(この時間帯のホールがワンオペになる可能性が出てくるので場合によっては厨房スタッフとの連携が必要。)

●案B

ピークが予想される19:00~22:00の3時間を2名で対応するなど、お店の状態に合わせて環境を整えます。
上記の場合で、スタッフ時給が1,000円、稼働日が25日とすると月額75,000円の経費削減となります。

ただし、2階建てなど多層階の店舗ではより大きな効果を期待できる場合もありますし、インカムなどの別の装備も合わせて利用すれば、さらに人員を削減することも可能です。

また、人件費に対する効果としては

  • 求人広告にセルフオーダーの店と記載することで求人問い合わせの件数が増える。
  • 新人教育時の負担が減ることによりスタッフの定着も早くなり離職率が下がる。

なども期待できます。

TOP